葬儀屋の年収について

葬儀屋の年収について

一昔前3Kという言葉で毛嫌いされる仕事というものがありました。きつい、きたない、きけんというそれぞれの頭のKをとって総称されたものです。しかし、景気が悪くなるとそんな事ばかりも言ってられないはずというのが、普通の考え方だと思うのですが、なぜか不景気になって仕事がないといわれてもこう言った仕事は相変わらず人気が無く、働き手が集まりにくいままだというのが実情です。

葬儀に関するお役立ちリンク集: 葬儀社検索ポータルサイト_葬式専門どっとこむ

しかもこういった3Kと言われる仕事の大半は年収もそれ程高くないことが多いのも、一層人が集まらないことに拍車をかけているのではないかと思います。しかし、このような3Kというものでは別に、一線を画してあまり就職したいという人が集まらない仕事と言うのもあります。その一つとして葬儀屋というものがあります。人の死に関わると言う事で、どこか仕事として就くに一歩引いてしまうという人が多いのがあります。

200以上の業種から選ぶ開業準備手引き書 業種別スタートアップガイド|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

では、この葬儀屋という仕事はどれくらいの年収があるのでしょうか。一般的な中堅社員程度で500万程度の年収とされています。そして、そこから独立して社長として葬儀会社を立ち上げて個人経営していくと、おおよそ1000万程度とされています。

石巻 葬儀

これを良いと考えるか悪いと考えるかは、人それぞれだと思いますが、あまり人がなりたがらない職業ということを考えると、もう少し年収があっても良いのかという気もする反面、葬儀屋の社員の年収がとんでもなく良かったりすれば葬儀を頼む側の心理として、良い収入があるのだからそれ位のことはしてくれても良いんじゃないかとなってしまう可能性もありますから、適度な年収で押さえることなども必要なのかもしれません。