男女の臭いの差

男女の臭いの差

男性の体臭と女性の体臭はあきらかに違いがあります。「体臭が強い」ということでいうのなら、もちろん個人差はありますが、ほとんどの場合では、男性の体臭のほうが鼻につくケースが多いはずです。それも当然のことであって、そもそも体臭の原因となるのは皮脂や頭皮やわきの下に集まっているアポクリン腺から分泌される、脂肪やミネラルなどを含む物質です。

東京 わきが 治療

しかし、皮脂自体に臭いがあるというよりも、皮膚についている常在菌によって分解作用が始まると、それにつれて悪臭が発生します。この皮脂の分泌物には男性ホルモンが大きく関わっているのです。その結果、体臭は女性よりも男性のほうが強くなりがちです。ところが、よりどちらがにおいについて敏感かといわれると女性のほうが神経質です。

ワキガ・多汗症:ボトックスの価格・費用・料金を徹底比較!■治療費.com■

男女のにおいが違う理由としては、女性の場合、一度出産すると、次に子を得られるのはだいぶん先になります。つまり女性の繁殖は、年単位ではなく、生涯の子どもの数は限られてくるということです。そうなれば、より良い遺伝子を求めたいと願うのは生物としてごく当然のことで、じっくりと相手を選ぶ性質があります。

Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 | 1)アルコール系

一方男性のほうの事情は大分異なります。一般論で言えば、妊娠出産がないので、相手にこだわらず、次々に挑戦することができます。とにかくこのように女性にとって生殖は、期間も回数も決まっているため、じっくりと相手の「質」を見極めなければなりません。臭いが悪いと感じる男性は、女性のほうで意識的に避けるようになります。逆にあまりにおいを感じない男性には、警戒心が薄れます。それは臭いの元となるバクテリアの分解を抑えられる男性だと言うことだからです。つまり免疫力が弱く、菌の繁殖を抑えられない人は臭いがきついのです。

いずれにせよ、男性と女性では、それぞれのホルモンの性質が異なり、男性ホルモンのほうがより皮脂の分泌と強くかかわっています。それゆえ、体臭が強い場合が多いのです。女性も体質の差はありますが、当然皮脂腺はあります。しかし、男性のそれほど分泌量が多くないので、あまり体臭はにおわないというのが通説です。