使用済自動車を購入した人の失敗例

使用済自動車を購入した人の失敗例

昔と比べ、現代は様々なものがずいぶん安く買えるようになったと思う。ブラウン管テレビが主流だった頃、出始めの薄型テレビは百万円以上したし、乾燥機の機能がついた洗濯機もものすごく高くて、一般的なサラリーマンには手を出せなかった。

恐怖!何でもつぶしちゃうプレス機だ![北海道のマテック] - YouTube

自転車やスポーツ用品なども、昔はひとつひとつ、もっと高かったと思う。それが今では、人件費が安い海外で製造されるなどの理由で、ずいぶんと安く買えるようになってきた。百円均一ショップなども出てきて、物は使い捨ての時代になってきた。

プレスマシン | プレス加工 | 商品情報 | アマダ

では自動車はどうだろうか。自動車は現代でもまだまだ新車は高く、中古車市場はいつでも豊富な情報でにぎわっている。新車、中古車に限らず、少しでも安く良い車を買いたいと思うのが人の情というものだろうが、自動車メーカーの保証がつく新車ならまだしも、中古車は、信頼できる業者から購入しないと痛い目に合うこともあるようだ。また、廃車については、使用済自動車を購入した人の失敗例も耳にしたことがある。無知は危険と背中合わせなのだ。

廃車

餅は餅屋という言葉があるが、何かを買おうと思ったら、知ったかぶりなどはせず、その筋の専門家を通して、確かなものを選ぶ賢さが必要だということだ。